プロが厳選!人気の観葉植物32種【育て方・楽しみ方・風水情報】

初心者さんはまずはコレ!定番の観葉植物10選

ポトス


人気のあるつる状の観葉植物です。
つり鉢やへご仕立てなど色々な仕立てにして楽しむことができます。
乾燥に強く丈夫です。

置き場所

あまり日陰の場所に置くと、綺麗な斑入りになりません。
室内で十分育つのですが、初夏から夏にかけて外の日陰に置いた方が良いでしょう。
冬は暖かい部屋の中で育てます。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには10℃以上
・冬越しには7℃以上

風水情報

ポトスは恋愛運・金運アップのパワーを持つ観葉植物です。

フィカス・プミラ


中国や日本原産のつる性の植物です。
小さな可愛らしい葉をたくさんつけ、育てやすいので室内で育てる観葉植物として人気があります。

置き場所

日陰でもよく育ちます。
寒さにも強いですが、湿度が足りなくなると葉が落ちる傾向があります。
春から秋にかけては、外の半日陰の場所に置くと育ちが良いです。
冬は部屋の中で育てます。

温度管理

・生育するには12℃以上
・きれいな状態を保つには7℃以上
・冬越しには5℃以上

風水情報

フィカス・プミラは恋愛運・金運アップのパワーを持つ観葉植物です。

パキラ


メキシコ、中南米原産の明るいグリーン色の葉が美しい、大変人気のある観葉植物です。
剪定に強く、樹形が崩れたら切り戻すと容易に仕立て直すことができます。

置き場所

日当たりの良い場所を好みます。
初夏から9月頃までは、外に置くと成育が良いです。
普段部屋で育てていても、たまに外に出すとよく育ちます。
冬は室内の明るい場所で育てます。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには10℃以上
・冬越しには5℃以上

風水情報

パキラは金運、仕事運、勉強運アップのパワーを持つ観葉植物です。

モンステラ


ハートの形の大きめの葉が可愛らしく、人気のある観葉植物です。
日照不足に強く寒さにも強い方なので、部屋の中でも長く楽しめます。

置き場所

葉焼けすることもあるので、夏の直射日光は避けましょう。
また暑い時期は蒸れないように、高温に注意します。
冬は暖かい場所で管理します。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには8℃以上
・冬越しには7℃以上

風水情報

モンステラは恋愛運・金運アップのパワーを持つ観葉植物です。

オリヅルラン

斑入りの葉が美しく、ランナーを伸ばし、子株がどんどん増える姿がユニークです。
初心者でも丈夫で育てやすい植物です。

置き場所

日陰や低温に強い植物です。
ただし子株を増やしたい時は、明るめの場所で育てる必要があります。
春から秋までは、屋外の半日陰に置くと良いでしょう。
冬は部屋の明るめの場所で管理します。

風水情報

オリヅルランは恋愛運、家庭運アップのパワーを持つ観葉植物です。

温度管理

・生育するには12℃以上
・きれいな状態を保つには7℃以上
・冬越しには5℃以上

サンスベリア


別名「トラノオ」の名称でも親しまれていて、よく育てられているポピュラーな観葉植物です。
寒さは苦手ですが、その分暑さにはよく耐える性質があります。

置き場所

高温多湿を好むので、初夏から9月頃までは屋外の半日陰で育てると良いでしょう。
直射日光は葉焼けするので避けます。
部屋の中では日当たりの良い場所に置きましょう。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには10℃以上
・冬越しには8℃以上

風水情報

サンスベリアは魔除け・厄除け、仕事運アップのパワーを持つ観葉植物です。

ユッカ(青年の樹)


メキシコ原産のインテリアグリーンとして人気のある観葉植物です。
太い幹からかたい丈夫な葉を次々に出して育つ姿が発展や成長を想像させることから、「青年の樹」とも呼ばれます。

置き場所

日陰にも比較的強いですが、室内でもできるだけ明るい場所に置くとよく育ちます。
春から秋までは屋外でもよく育ちます。
ただし雨にあたって、過湿にならないように注意します。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには7℃以上
・冬越しには5℃以上

風水情報

ユッカ(青年の樹)は魔除け・厄除け、仕事運アップのパワーを持つ観葉植物です。

ドラセナ・マッサン(幸福の木)


綺麗な斑入りの柔らかい葉が明るい印象の、昔から人気のある観葉植物です。
別名である「幸福の木」という名前から、ギフトにもよく使われます。

置き場所

日陰にも耐えますが、室内でも明るい場所に置きましょう。
ただし真夏の直射日光に当てすぎると、葉焼けを起こすので注意しましょう。
冬も強い日差しは避けて、暗い場所で育てている場合は時々明るい場所で日光に当てましょう。
寒さには弱いので、暖かい場所で水を控えめにして育てます。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには10℃以上
・冬越しには7℃以上

風水情報

ドラセナ・マッサン(幸福の木)は魔除け・厄除けのパワーを持つ観葉植物です。

ゴムノキ


艶のある鮮やかな葉が美しく、丈夫で育てやすい植物です。
お洒落な姿がインテリアグリーンとして人気があります。

置き場所

日光を好みますが、真夏の直射日光は葉焼けを起こすので注意しましょう。
ある程度日陰にも耐えることができますが、時々は日光に当てましょう。
冬は室内の暖かく日当たりの良い場所に置きます。

温度管理

・生育するには12℃以上
・きれいな状態を保つには8℃以上
・冬越しには7℃以上

風水情報

ゴムの木は魔除け・厄除け、仕事運、金運アップのパワーを持つ観葉植物です。

ヤシ類


フェニックス・ロベレニーや小型のテーブルヤシ、大型のココヤシ、アレカヤシなど種類が大変多く、
南国風の異国情緒あふれる姿が人気でよく育てられています。

置き場所

熱帯原産ですが、意外と日陰にも強く室内でも十分育てられます。
春から秋にかけては、外の半日陰の場所でよく育ちます。
室内では窓際で日光に当てると良いのですが、冬場は夜に温度が下がるため暖かい場所に移動させると
良いでしょう。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには8℃以上
・冬越しには7℃以上

風水情報

ヤシの木は魔除け・厄除け、仕事運アップのパワーを持つ観葉植物です。

お洒落なインテリアグリーンに!樹形が個性的な観葉植物9選

ガジュマル


東南アジアや沖縄原産で、妖精キジムナーが住む木だという言い伝えがあります。
丸い艶のある葉や気根が伸びる姿が独特で、インテリアグリーンとして気軽に育てられています。

置き場所

耐陰性がありますが、部屋の中で育てる場合はたまに日光に当ててあげる必要があります。
エアコンの風による乾燥は苦手なので、葉水をしてあげると良いです。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには8℃以上
・冬越しには7℃以上

風水情報

ガジュマルは金運アップのパワーを持つ観葉植物です。

クワズイモ


大きな葉をつけ個性的な姿が人気の植物です。
名前は食べられない芋という意味です。

置き場所

部屋で育てる場合は直射日光は避けましょう。
冬は明るく暖かい場所で育てます。
冬は水やりは控えめ、乾燥に弱いので空中の湿度をあげるため霧吹きで水をかけてあげましょう。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには13℃以上
・冬越しには8℃以上

風水情報

クワズイモは金運アップのパワーを持つ観葉植物です。

ベンジャミン


艶のある小さな葉が茂る姿が美しい植物です。
スタンダード仕立てをはじめ、リング仕立てなど色々な樹形を楽しめることで人気があります。

置き場所

日光が大好きなので、室内の明るい場所に置きます。
春から夏にかけては屋外でもよく育ちます。
寒さには弱い方なので冬は室内の日当たりの良い、暖かい場所で育てます。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには10℃以上
・冬越しには8℃以上

風水情報

ベンジャミンは金運アップのパワーを持つ観葉植物です。

ゴールドクレスト


明るい葉の色が美しく、クリスマスツリーとして人気があります。
寄せ植えやトピアリーにしたり様々に楽しめる植物です。

置き場所

室内の明るい場所で育てます。
寒さには強いので屋外でも育てられますが、美しい黄緑色の葉が普通の緑色になってしまったりするので、
冬は室内での管理がおすすめです。
また室内では乾燥すると葉枯れを起こすので、時々霧吹きで水をかけると良いでしょう。

温度管理

・生育するには12℃以上
・きれいな状態を保つに7℃以上
・冬越しには0℃以上

ミルクブッシュ


「アオサンゴ」とも呼ばれ、多肉植物の一種です。
茎をカットすると、ミルクのような白い樹液が出てきます。
サンゴの様な葉のないユニークな姿ながら、育てるのは比較的簡単です。

置き場所

1年を通し明るい場所で育てます。
冬は水をやりすぎないよう注意します。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには7℃以上
・冬越しには5℃以上

タコノキ


小笠原諸島の固有種で、自生地では高さ10メートルにもなる大型の植物です。
幹のまわりに伸びる気根がタコの足のようで、パイナップルに似た実をつけます。

置き場所

日当たりの良い場所で管理します。
ただし葉焼けを起こすので、真夏は直射日光を避けます。
湿気が苦手なので、梅雨の時期は風通しの良い場所に置きます。
冬の寒さも苦手なので水は控えめに、夜は気温の下がる窓辺から部屋の真ん中など暖かい場所に移動させます。

温度管理

・冬越しには10℃以上

ソテツ

沖縄、奄美などにあるいかにも南国風なとても丈夫な植物です。
恐竜がいた時代には既に自生していたと言われています。
常緑の低木で、日本では暖かい地方では庭木として育てられています。

置き場所

春から秋にかけては、日のよく当たる風通しの良い場所で管理します。
関東より西では外で冬越しできるとも言われますが、室内で管理した方が無難です。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには7℃以上
・冬越しには3℃以上

アジアンタム


細い茎に小さな葉が沢山つく姿が、涼し気で可愛らしい植物です。
シダ植物なので、湿気の多い環境が大好きです。

置き場所

明るい場所を好みますが、直射日光に当てると葉焼けするので、当てない様に気を付けましょう。
またエアコンの風にあたると、乾燥で葉が枯れてしまうので注意します。
乾燥には特に弱いので、霧吹きで時々水をかけてあげましょう。

温度管理

・生育するには12℃以上
・きれいな状態を保つには8℃以上
・冬越しには5℃以上

エバーフレッシュ(ネムノキ)


中南米原産の羽のような繊細な葉が美しい植物です。
初心者でも育てやすい植物です。
日本に自生しているネムノキの仲間になります。
夜になったら葉を閉じるのが独特で面白いと人気です。

置き場所

夏の直射日光を避け、明るい場所で育てます。
耐陰性はありますが、日光不足だと葉が閉じたままになったり、葉が落ちて弱るので注意します。
冬は室内の明るく暖かい場所で育てます。
乾燥に弱い方なので日中の暖かい時に、霧吹きで葉水をしてあげましょう。

温度管理

・生育するには 15℃以上
・きれいな状態を保つには10℃以上
・冬越しには  8℃以上

お洒落なインテリアグリーンに!葉っぱや花が個性的な観葉植物8選

アンスリウム

美しい色の花のように見えるのは、実は仏炎苞という部分です。
花は長く楽しめ、ハート型の葉も美しく耐陰性もあります。
切り花としても人気があります。

置き場所

初夏から夏にかけては、外の半日陰に置くと良いでしょう。
冬は暖かい直射日光を避けた明るい場所で管理します。
エアコンの風は直接当たらない様にします。
あまり暗い場所だと花が咲かないので、注意が必要です。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには12℃以上
・冬越しには8℃以上

フィロデンドロン

サトイモ科の植物で種類がとても多く、つる性と直立性があり、葉の色や形も様々です。
日陰にも耐え強いので、インテリアグリーンとして人気です。

置き場所

直射日光を避けた明るい場所に置きます。
冬は水は控えめにして、葉水を与えると良いです。
寒さに少し弱いので、日当たりの良い暖かい場所で管理します。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには8℃以上
・冬越しには7℃以上

ディフェンバキア


白っぽい斑入りの葉が爽やかな印象です。
冬の寒さには少し弱い所があるのですが、日陰に強い植物です。

置き場所

直射日光を当てると葉焼けするので注意します。
耐陰性があるので部屋の中でも元気に育つのがメリットです。
冬の寒さに弱いので注意します。
ただしエアコンの風に当てると葉が傷むので注意します。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには10℃以上
・冬越しには7℃以上

クテナンテ


熱帯アメリカ原産で、細長い葉に斑が入る様が美しい植物です。
あまり横に広がらないので、狭い場所でも育てることができるのも人気です。

置き場所

初夏から9月までは外の日陰でも育ちます。
冬は室内の暖かな直射日光が当たらない所に置きます。
霧吹きで葉水を与え、空中湿度を高めるのがポイントです。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには12℃以上
・冬越しには8℃以上

カラテア


エキゾチックな印象の植物です。
葉の模様や色合いが美しく、独特な存在感があります。
強風や乾燥が苦手で、日陰が好きな植物です。

置き場所

直射日光は苦手です。
初夏から9月は、外の日陰で良く育ちます。
高温を好むので、冬は室内の暖かな半日陰の場所に置きます。
エアコンの風で葉が乾きすぎないよう注意します。
時々霧吹きをして多湿の環境を作りましょう。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには12℃以上
・冬越しには8℃以上

スパティフィラム


日陰でもよく育ち丈夫なので、初心者でも育てやすいです。
白い花のような仏炎苞は長く鑑賞でき、すっと伸びた葉も美しい植物です。

置き場所

日陰で育ちますが、花を咲かせるためにはある程度の明るさが必要です。
直射日光に当てると、葉が傷むので注意します。
初夏から9月ごろまでは、屋外の明るめの日陰に置きます。
冬は暖かい場所で育て、葉水をあげましょう。

温度管理

・生育するには13℃以上
・きれいな状態を保つには8℃以上
・冬越しには7℃以上

カラジウム


サトイモ科の植物で、「ニシキイモ」とも呼ばれています。
グリーンの葉に白や赤などの色が入る様が、鮮やかで美しい植物です。
ハンギングや寄せ植え、花壇にも使われます。

置き場所

日陰にも強い植物ですが、日光に当てた方が葉色が美しくなります。
日陰に置いたままで水を多くやりすぎると、葉柄が伸びすぎ見た目が悪くなります。
夏の間は屋外でもよく育ちます。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには13℃以上
・冬越しには10℃以上

クロトン


緑色に白、赤、黄色などが混じるカラフルな葉が特徴の熱帯地方原産の低木です。
葉は厚みのあるもの、薄いもの、細いものなど種類が豊富です。
その種類の多さから、変葉木(へんようぼく)とも呼ばれます。

置き場所

十分な日光が必要です。
春の終わりから9月中頃までは、外で育てると良いでしょう。
葉の薄い種類は、真夏の直射日光に直接当てると、葉焼けを起こすことがあるので注意します。
冬の寒さは苦手な方なので、室内の暖かい所で育てます。

温度管理

・生育するには15℃以上
・きれいな状態を保つには13℃以上
・冬越しには8℃以上

動きを楽しむ!ツル性の観葉植物5選

アイビー(ヘデラ)


ハンギングや寄せ植えでもよく使われる、人気のつる植物です。
葉の形や色もたくさんあり、とても育てやすいので初心者向きです。
英名のヘデラで呼ばれることもあります。

置き場所

日当たりの良し悪し関係なく元気に育ちます。
初夏から秋にかけては、屋外で管理するのもいいでしょう。
寒さにも強いので、特に関西より西の地域では、冬も屋外で大丈夫なことが多いです。

温度管理

・生育するには12℃以上
・きれいな状態を保つには7℃以上
・冬越しには3℃以上

ハートカズラ


小さなハート型の葉が可愛らしいつる性の多肉植物です。
小さめの鉢に植えて部屋の中に飾ると、お洒落な雰囲気になります。
英名は「ラブチェーン」です。

置き場所

日陰にも耐えますが、できるだけ明るい場所で育てます。
5月から秋にかけては、屋外に置くとつるが伸びてよく育ちます。
過湿は苦手なので風通しの良い、雨があまりかからない場所が良いでしょう。

温度管理

・生育するには12℃以上
・きれいな状態を保つには10℃以上
・冬越しには7℃以上

ワイヤープランツ


小さな丸い葉をたくさんつける、初心者にも育てやすい植物です。
名前は、細い赤茶色の枝が針金のように見えることから来ています。
寄せ植えやハンギング、グランドカバーとしてもよく使われます。

置き場所

日当たりの良い場所で育てます。
ただし真夏の直射日光は葉焼けを起こし、枯れることがあるので注意します。
寒さにも強いので、日当たりの良い室内で管理します。
暖地では、霜に気を付ければ屋外でも冬越しできることが多いです。

温度管理

・生育するには10℃以上
・きれいな状態を保つには5℃以上
・冬越しには0℃以上

ブライダルベール


ハンギングにすると、まるで花嫁のベールのような形に育ちます。
白い小さな花が沢山つき長く楽しめる、清楚な印象の植物です。

置き場所

日光が好きですが、直射日光に当てると葉焼けするので注意します。
夏は半日陰の風通しが良い場所で管理します。
冬は室内の暖かく日当たりの良い場所で育てます。

温度管理

・生育するには10℃以上
・きれいな状態を保つには7℃以上
・冬越しには5℃以上

シッサス(シュガーバイン)


5枚の葉が広がる様が可愛い、インテリアグリーンとして人気のある植物です。
シュガーバインという名前は、葉裏から白い甘い樹液が出ることから来ています。
ヘゴ仕立てやあんどん仕立て、ハンギングなどで親しまれています。

置き場所

春から秋にかけては室内屋外とも直射日光を避け、風通しの良い明るい場所で管理します。
寒さには比較的強いですが、冬は日当たりの良い暖かい場所に置きます。

温度管理

・生育するには12℃以上
・きれいな状態を保つには8℃以上
・冬越しには7℃以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA