風水アドバイザーがご提案!観葉植物と風水がよく分かるブログです

空気浄化(空気をきれいにする)観葉植物10選とそのメカニズムのご紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【観葉植物通販グリーンスマイル】店長の橘と申します。
植物に関わる仕事に従事して約20年の経験と「風水アドバイザー」としての知識が少しでもお役に立てれば光栄です。
>>>詳しいプロフィール<<<

こんにちはグリーンスマイルの店長の橘です。

今回は室内の空気をきれいにする観葉植物のお話しです。

観葉植物はエコグリーンなどと呼ばれ、室内清浄効果があると言われています。

その空気浄化能力はシックハウス症候群にまで効果があるとNASA(アメリカ航空宇宙局)が研究し発表しました。

ちなみに、これからお伝えする内容は以下の書籍を元にしております。

左「エコ・プラント」B.C.ウォルヴァートン著 
右「Eco Green」大林修一著

空気をきれいにするエコプラントとは?

観葉植物の空気浄化効果の研究の中で最も有名なもののひとつがNASA(アメリカ航空宇宙局)が25年もかけて行った研究です。

その研究の結果、多くの観葉植物にその効果が見られたようですが、中でも特に空気清浄効果に長けた植物たち50種をNASAがエコ・プラントと名付けて発表しました。

その50種のエコ・プラントの中には日本でもポピュラーな植物がたくさん含まれています。

例えば「サンスベリア」「幸福の木(ドラセナ・マッサン)」「ポトス」「ベンジャミン」などなど・・・。

また観葉植物ではありませんが、「胡蝶蘭」もNASA発表のエコプラントなんです!

日本でポピュラーなエコプラント10選

日本の気候や環境でお手入れしやすくお勧めのエコプラント10選をご紹介いたします。

サンスベリア

分類:リュウゼツラン科
温度管理:きれいな状態を保つには10℃以上必要。越冬は最低でも8℃以上。
花言葉:永久・不滅

育てるのが簡単なので、初心者さん向きの観葉植物。
害虫にも強く、虫が付くことも殆どありません。
お手入れで気を付けることは水の遣りすぎで根腐れになることと冬の寒さくらい。

エコプラントとしてのサンスベリアには、他の植物にはあまりない夜の間二酸化炭素を吸収して、酸素を作り出してくれるという特徴を持っています。
またマイナスイオンの放出量が多いことで癒し効果も高く人気です。

「エコプラントを育てたいけど難しそう」
そう迷っている方は、まずはサンスベリアから育ててみるのがオススメです。

ドラセナ・マッサン

分類:リュウゼツラン科
温度管理:きれいな状態を保つには10℃以上必要。越冬は最低でも7℃以上。
花言葉:幸福 

幸福の木は日本でもインテリアとして、また贈り物としてたいへん人気のある観葉植物。

明るい室内を好みますが暗めの場所でも耐えられるので、インテリアグリーンにぴったりな観葉植物。

エコプラントとしてもたいへん優秀で、蒸散作用、有害物質の除去能力など室内空気をきれいにする能力に優れています。
特にホルムアルデヒドなど室内の有害物質を取り除く能力が高い点が注目される観葉植物です。

アレカヤシ

分類:ヤシ科
温度管理:きれいな状態を保つには8℃以上必要。越冬は最低でも6℃以上。
花言葉:元気、勝利、成功

数あるヤシ科の中でも上品な雰囲気を持ち合わせる人気の品種。
室内管理向きで大気中に多くの水分を放出し、有毒化学物質を除去する効果が強い植物と言われています。

葉が羽状に広がる華やかなスタイルが特徴的で家庭、オフィス、お店などで人気のインテリアグリーンです。

NASAの実験によると家庭に置いた高さ1.8mのアレカヤシで24時間で約1Lの水分を蒸散します。
また実験で用いた部屋の有害物質を全て除去した優れたエコプラントです。

観音竹

分類:ヤシ科
温度管理:きれいな状態を保つには10℃以上必要。越冬は最低でも7℃以上。
花言葉:スマートな淑女、日々の平安

数あるヤシ科の植物の中でも、最も栽培しやすい品種のひとつ。
少し意外ですがアメリカでの人気が高い観葉植物でアメリカ本土で広く栽培されています。

艶のある掌状の葉が美しい上に、部屋の空気も綺麗にしてくれる人気のエコプラント。

NASAの実験によると、特に害虫への抵抗力が強く、栽培も簡単という結果が出ています。

さらに空気中の有害物質の除去能力が高く、冷却効果のある蒸散も活発な品種です。

ヘデラ

分類:ウコギ科
温度管理:きれいな状態を保つには7℃以上必要。越冬は最低でも3℃以上。
花言葉:永遠の愛、友情

ハンギングバスケットやグランドカバーに向き、用途が広いのでいろいろな所で見かける観葉植物です。
高温には強くありませんが、栽培はとても簡単です。

種類が大変多く、様々な色、形の品種があります。
気根と呼ばれる根を茎から伸ばし、壁や木を這い登る特徴を持ちます。

NASAの実験では栽培が簡単で害虫に強く、蒸散作用も高いとされています。
特に有害物質であるホルムアルデヒドの除去に効果的とされています。

ボストンタマシダ(ネフロレピス)

分類:シノブ科
温度管理:きれいな状態を保つには7℃以上必要。越冬は最低でも5℃以上。
花言葉:愛らしさ、誠実

シダ類は化石も沢山発見されるほど歴史はとても古く地球最古の植物のひとつと言われています。

高温で乾燥した状態は苦手なので、まめな水遣りと霧吹きが必要です。
水分が不足すると葉が枯れてしいます。

美しくしなだれる葉を観賞するには、ハンギングや台の上に置いて高さを出すのがぴったりです。

NASAの実験によると、有害物質の除去、特にホルムアルデヒドの除去効果が高いとされています。
室内に水分を補給する蒸散作用も、他の植物に比べてトップレベルに高いとされています。
またボストンタマシダに限らず、シダ類の多くは空気浄化効果の高い観葉植物です。

スパティフィラム

分類:サトイモ科
温度管理:きれいな状態を保つには8℃以上必要。越冬は最低でも7℃以上。
花言葉:清らかな心、清々しい日々

独特な仏炎苞が美しく、花が咲く観葉植物が珍しいこともあり人気が高い品種です。
見た目の華やかさに加えて空気浄化効果の高い魅力的な観葉植物。

室内に水分を補給する蒸散能力が高い観葉植物なのですが、その分、水を好むので水管理は大切です。
そんなことから水耕栽培などもオススメです。

NASAの実験では、特に有害物質の除去効果に優れているという結果になりました。

ホルムアルデヒドの他にもベンゼン、アセトンなど数種類の有害物質除去に効果が認められたそうです。
有害物質除去の他にも、害虫に強く栽培が容易で、蒸散作用も高いというバランスのとれたエコプラントです。

ポトス

分類:サトイモ科
温度管理:きれいな状態を保つには10℃以上必要。越冬は最低でも7℃以上。
花言葉:永遠の富・華やかな明るさ

黄色の斑が美しく、お手入れとっても簡単なことから日本で最も流通している観葉植物のひとつ。
ハンギングやグランドカバーで見かけることも多いのではないでしょうか。

害虫にも強く、様々なエコプランツの中でも群を抜いて育てやすいと言われています。
成長力も強く、挿し木で増やすことも簡単です。
日光が不足すると斑が消える観葉植物が多い中、ポトスは光が不足しても斑が消えにくいのが特徴。

NASAの実験でも特に栽培しやすいと評価されています。
植物を育てるのに慣れていない初心者の方でも、空気をきれいにするエコプラントとして取り入れやすいです。

シンゴニウム

分類:サトイモ科
温度管理:きれいな状態を保つには10℃以上必要。越冬は最低でも7℃以上。
花言葉:平和の祈り、喜び

害虫に強く、栽培がとても簡単な空気をきれいにする観葉植物のひとつシンゴニウム。
葉に斑が入る品種が多く、そのきれいな葉っぱから家庭やオフィス、お店などで飾られ幅広い人気を誇ります。

ハンギングなどでよく育てられるシンゴニウムは、湿気が高い状態を好みます。
湿度を補うため、時々霧吹きしてあげると元気に育ちます。
葉が大きいのでホコリ取りを兼ねて濡らした布で拭いてあげるのも良いです。

NASAの実験でも特に栽培が簡単で、害虫に強いという結果が出ています。
また蒸散作用も高いエコプラントです。

ベンジャミン

分類:クワ科
温度管理:きれいな状態を保つには10℃以上必要。越冬は最低でも8℃以上。
花言葉:融通のきく仲間、信頼

家庭でも公共のスペースでも見かけることの多い観葉植物のベンジャミン。
空気をきれいにする観葉植物の人気品種のひとつです。

生育場所の環境になじむまでに若干時間がかかりますが、一旦その環境に慣れると育てやすい観葉植物です。
自然な樹形からスタンダード仕立て、三つ編み仕立てなど、自分の好みの形にできることも魅力的。

そんなベンジャミンの特筆すべきに性質は、部屋の空気の有害物質、特にホルムアルデヒドを取り除く効果が高いという性質。
NASAの実験でも、部屋に漂う有害物質の除去効果がかなり高いという結果が出ています。

空気をきれいにする観葉植物の豆知識

シックハウス症候群まで!?

NASA発表によると【エコ・プラント】は、シックハウス症候群の原因とされている代表的な有毒ガスのホルムアルデヒドやベンゼン、トリクロロエチレンまでも浄化する力があるんだそうです。

単に空気清浄能力があるだけでなく有毒な汚染物質を観葉植物が浄化するなんて驚きですよね・・・。

現在、私たちが暮らしたり働いてる室内空間は、建材、壁紙、室内装飾、タバコの煙などからごくごく微量ですが有毒ガスが放出され続けています。

そのごくごく微量な有毒ガスによって一部の人が起こす、炎症や目まい、かゆみなどがシックハウス症候群なんです。

観葉植物が自然の力でそんなシックハウス症候群の原因となる有毒ガスなんかも浄化するって素敵ですよね。

多くの観葉植物が、それら有害物質を除去する働きをしますが、中でも特に気化化学物質の除去に特に優れている観葉植物は、幸福の木、ヤシ、観音竹、スパティフィラム、ベンジャミン、ネフロレピス等々です。

観葉植物の空気浄化メカニズム

さて、観葉植物はどのようにして、有毒ガスを浄化して室内の空気をきれいにするのでしょうか??
そのメカニズムを簡単に説明すると・・・。

まず葉の気孔から有毒ガスを含んだ空気を取り入れ、有毒ガスの約30%を葉で吸収します。
残りの約70%は根に運ばれ、根のまわりにいる微生物が吸収分解します。

観葉植物たちがごく自然に行っている呼吸、光合成などの活動で、シックハウス症候群の原因にもなる 有毒ガスを除去しているんです。
ƒ‚ƒ“ƒXƒeƒ‰

観葉植物の加湿効果

観葉植物は空気浄化効果以外にも加湿効果も合わせて持っています。
周辺の空気が乾燥すると根からたくさんの水分を吸収し、その水分を葉から蒸散し空中の湿度バランスを保とうとする性質があります。(植物の蒸散作用)!!

いわゆる天然の加湿器状態となるんです♪

最近の住宅は気密性が高く、冬にエアコンを使うと部屋が乾燥しすぎる位です。

加湿器も良いのですが、清潔に保たないと逆に細菌やカビなどを一緒に撒き散らしてしまうということもあるようです。

その点、観葉植物は根から水分を吸収し葉から綺麗になった水分を蒸散させます。

植物にとっては自分が生きて行くために必要なことなのですが、それで部屋の空気が乾燥しすぎるのを防いでくれる効果が期待できるんです。

乾燥が気になる季節などは、特にお部屋に潤いの観葉植物はお勧めです!

加湿効果が特に優れた観葉植物は、幸福の木、ヤシ、ネフロレピス、矮性バナナ、ディフェンバキア等々です。

観葉植物のカビ抑制効果

観葉植物はフィトケミカルという物質を出します。
この物質がカビやバクテリアが増えるのを防ぐ効果があると言われています。

もともとは植物が空気中の微生物から身を守るために出すためのフィトケミカルですが、人間も部屋に観葉植物を置く事によって恩恵を受けることができるのです。

観葉植物はインテリアグリーンとして部屋をお洒落に見せるためだけでなく植物を眺めることでリラックスしたり育てる楽しみもあります。

それ以上に観葉植物を部屋に置く事で、部屋の空気を浄化したり、加湿したりしつつカビまで防いでくれるのですから観葉植物を育てられるか不安な方も是非挑戦してみてはいかがでしょうか。
2-118935

動画で見るエコプラント10選

この記事を書いている人 - WRITER -
【観葉植物通販グリーンスマイル】店長の橘と申します。
植物に関わる仕事に従事して約20年の経験と「風水アドバイザー」としての知識が少しでもお役に立てれば光栄です。
>>>詳しいプロフィール<<<


「幸せになるための風水」がよ~く分かる動画講座です↓↓↓

Copyright© 観葉植物と風水のグリーンスマイルBLOG , 2016 All Rights Reserved.