観葉植物の水管理

水管理はどうすれば良いの?

観葉植物の水やりのタイミングは、3日に一度とか1週間に一度など、一概には言えません。

観葉植物の置かれている場所の湿度や植えられている土の性質や土の量、観葉植物の大きさ、もちろん種類などで土の乾き方、必要な水の量が違います。

一般的に水やりのタイミングを図るのは土の表面を目安にします。

土の表面を手で摘んで乾いている場合や見た目で乾いて白くなっていたら、たっぷり水を与えましょう。

たっぷりとは、鉢底の穴から水があふれるくらいの量です。
その状態で鉢の中の土は、水を十分に吸い込んでいます。

たっぷり水を与え → しばらく湿った状態が続き → 土が乾く → たっぷり水 
の繰り返しです。

それと冷暖房をよく使う室内では、湿度がかなり低くなります。
乾燥した場所では観葉植物も根から水分を吸収するだけでは、潤えないほど乾くことがよくあります。

そんな場所で観葉植物を育てている場合は、マメに霧吹きなどで植物全体に軽く散水してあげましょう。

底穴の無い鉢などで育てるハイドロカルチャー(水耕栽培)の水やりについて は、また違ってきますので注意。