フィロデンドロン

サトイモ科
原産地:メキシコ・ブラジル

フィロデンドロンの種類は多く、鉢物、インテリアグリーンとしての人気種。
日本で市販されているだけでも20種を超えると言われています。

特に人気で多く見かけるのは、セロウム、クッカバラやポトスに似たつる性タイプのオキシカルディウムなど。
フィロデンドロンと言う名前を知らなくてもセロウムなら聞いたことがあるって方も多いのでは。

フィロデンドロンの種類

・フィロデンドロン セロウム
葉は大きく育ち切れ込みが深く入ります。
葉の見た目から「ヒトデカズラ」とも呼ばれます。
気根を沢山伸ばすのもユニークな形の葉とともにこの品種の大きな特徴です。
半日陰でもよく育ちます。

・フィロデンドロン オージー(クッカバラ)
「クッカバラ」の名前で親しまれています。
セロウムよりも小さく細長い葉をたくさんつけます。
アレンジメントなどにも使われます。

・フィロデンドロン オキシカルディウム
艶のあるハート型の葉が特徴です。
つる性で大鉢に仕立てたり、室内でハンギングにしたりといろいろな仕立てで楽しめます。
和名は「ヒメカズラ」です。

・フィロデンドロン マルティアーヌム
茎が殆ど伸びずに厚みのある長い楕円形の葉は50cmにも成長します。
和名は「ホテイカズラ」です。

フィロデンドロンの管理・育て方

フィロデンドロンの難易度は普通です。

温度管理

種類により多少違いはありますが、8℃程度で越冬します。
元気に成長するには、13~15℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、8~10℃程度必要。
株が生き残るには7~8℃程度必要。

置き場所・光

日陰~半日陰を好む観葉植物で、強い光に弱いため1年中を通して直射日光は避けます。
1年中、室内管理で問題ないですが、できるだけ明るい場所に置きましょう。
春から秋にかけての生育期には屋外の半日陰に置くと成長がよくなります。
冬は暖かく明るい場所で管理します。

水管理

春から秋の生育期は、土が乾けばたっぷりと給水します。
葉にもたっぷり水をかけてあげましょう。
冬の水やりは少なめにします。
空中湿度を好むので、冬も暖かい時間帯にぬるま湯で霧吹きをしてあげます。

肥料

生育期には2~3ヶ月に1回肥料を与えます。
冬は必要ありません。

増やし方

挿し木で増やすことができます。
春に葉を2枚ほどつけて切って、株もとを湿ったミズゴケで包んでから軽石かミズゴケを入れた鉢に植え込みます。

フィロデンドロンその他

フィロデンドロンの中のオキシカルディウムのようなつる性植物は、ヘゴなどにつるを付着させて仕立てたものが中心です。
つるが伸びるとヘゴより大きくなり、草姿が乱れますので、ときどきつるを切り戻します。
切り戻すと、葉が揃い、脇芽も増えボリュームある株に育ちます。
切り取ったつるを別の鉢などに挿し木すると、温度が保てる環境なら発根しきれいな株に仕上がります。