観葉植物の冬の管理

熱帯地方原産の観葉植物たちは、ほとんどの品種が高温を好みます。
そのため日本の冬は厳しい環境・・・。

春~秋にかけて元気に育っていた観葉植物を冬に枯らしてしまった経験などないでしょうか?

ここでは観葉植物の冬の管理のポイントを簡単にまとめていますのでご参考にしてみてください。

冬越しの基本は日光浴&暖かい環境

暖かい環境について

殆どの観葉植物は室温が10度以上常にあれば冬越しできます。

5度以下になると品種によって弱いものもあるので難しい場合が多くなります。
15度位を保てるのが理想です。

外の温度がかなり低くなっても室温が15~20度を保てていれば観葉植物は問題なく冬越しできます。

日光浴させる

植物が成長するのに必要なのが太陽の光です。
太陽の光と水、空気中の二酸化炭素を使って葉の中の葉緑体が栄養を作り出しているからです。

冬になると太陽の出ている時間も短くなり光の強さも弱まります。

夏の直射日光が苦手な品種でも冬の間は、できるだけ日光に当てましょう。
b003115

時々鉢を回す

少し面倒ですが、週に1回程度90度ずつ同じ方向に鉢を回してあげるのも効果的。

満遍なく葉に太陽の光を届けることができます。
植物の葉は太陽の光を浴びようとして太陽の方に向く性質があるので、全体のバランスをとるためにも大切なことです。

寒さに強くする

寒さに耐えられる力は品種によって違います。

原産地の冬の気候が日本の冬と同じようなら寒さには強く、逆に差があるほど弱くなります。

同じ品種の中でも体力や育て方によっても寒さに耐える力は違ってきます。
冬に備えて冬になる前に体力をつけさせることが大切です。

肥料や水はやりすぎず少し控えめに、秋になって少しくらいの寒さにはふれさせたりしましょう。
その後、水をやったり暖かい部屋に戻すことも忘れずに。
b0031

部屋の温度差について

部屋の中でも場所によってかなり温度差があります。
植物を部屋に置く時はその温度差に注意しましょう。

例えば日が良く当たる場所とあまり当たらない場所では当たる場所の方が温度は高くなります。

日が当たる場所では夜間日が当たらなくなると昼と夜の温度差はより高くなります。

寒さに弱い品種などは日にあてずに休眠させた方がよい場合もあります。

また暖かな空気は上に昇りたまります。
なので足元より棚や天井あたりのほうが温度は高くなります。

それぞれの品種によって耐寒温度は違うので置き場所に工夫するように心がけましょう。

日較差について

昼と夜の温度の差を日較差といいます。
例えば昼の窓辺では日が差し込むので25度位ある
として、夜は冷気が差し込んで5度になったとします。

1日のうち20度の温度差があり、この20度を日較差と呼びます。
冬はこの温度差に気をつけましょう。

温度差は15度以内の方がよいと言われています。

昼間温度の高い場所に置くなら夜間もそれなりに暖かく、夜間寒い場所に置くなら昼間も暖かくなりすぎない場所に置いたり、温度差が15度以内になるように工夫してみてください。

窓辺は昼は日当たりが良く温度が高くなり夜冷え込むので、夜は部屋の中央の方に移動させるとか、ビニールやダンボールをかぶせます。
b41416

水やりについて

寒くなって根が殆ど水を吸収しない休眠状態のようになったら鉢土は乾燥気味に管理します。

冬に水をあげすぎて枯らす人が多いようですので、冬の給水は慎重にするよう心掛けましょう。

給水のイメージとしては、土が完全に乾ききってから数日後に水をあげるくらいです。
(品種や環境によって違いもあります)