風水アドバイザーがご提案!観葉植物と風水がよく分かるブログです

セラミスの植替えと育て方!観葉植物ガジュマルで実践解説

    
\ この記事を共有 /
セラミスの植替えと育て方!観葉植物ガジュマルで実践解説

こんにちは、観葉植物通販「グリーンスマイル」店長の橘です。

今回は、土を使わずに清潔に観葉植物を楽しめる「セラミス・グラニュー」のお話しです。

セラミスを使った観葉植物の植替えやお手入れ方法、ハイドロボールの違いなどをご紹介いたします。

セラミスとは

セラミスは、ドイツ生まれの室内園芸用土。

ドイツの「ヴェスターヴェルト」で採掘される粘土を高温で焼き、砕いて顆粒状にした人工の土。
「セラミス・グラニュー」というのが正式な名前です。

植物を育てるのに欠かせない通気性・保水性・水はけに優れていて、さらに無菌・無臭。

お部屋に土を持ち込むことに抵抗がある方に人気の園芸用土です。

見た目もお洒落で、お手入れも簡単なことから初心者さん向きでもあります。

セラミスとハイドロボールの違い

セラミスによく似たものにハイドロボール(ハイドロコーン)があります。
ハイドロボールも粘土を高温で焼いた土で水耕栽培に用います。

どちらも粘土を高温で焼いたものですが、セラミスはハイドロボールより多孔質。
表面に小さな穴がたくさんあいていて、通気性や保水性に優れています。

また、ハイドロボールは容器の底に水をためて育てるのですが、セラミスの場合は、セラミス自体が水を吸収するので容器に水をためないように育てます。

セラミスが吸収し保水した水で植物を育てるイメージです。

水を容器にためないので、水が腐りにくいですし、根腐れもしにくいです。

私の経験上、ハイドロボールよりもセラミスの方が、断然お手入れ簡単で植物もよく育ちます。

ただし、セラミス・グラニューの方が価格は高いです。

セラミスを使って植替え(ガジュマルを使用)

用意するもの

観葉植物(今回はガジュマル)、底穴の無い容器、セラミスグラニュー、根腐れ防止剤等。

セラミスはハイドロボールと違い、穴ありの容器でも使えますが、基本的には穴無しの容器に植えるのが良いです。

またセラミスは、ハイドロボールに比べると根腐れしにくいので「根腐れ防止剤」は無くても大丈夫です。

まずは植物の根の土を落とします

鉢から観葉植物を取り出し、根を傷めないように土を落とします。

ハイドロボールを使った水栽培の場合は、根についた土を水で洗い流したりして綺麗に土を落とす必要がありますが、セラミスの場合は、ある程度土がついたままで良いです。

根腐れ防止剤を入れる(無くてもOK)

鉢底に根腐れ防止剤を入れます。
底が隠れるくらい一面に敷いてください。

尚、セラミスは根腐れしにくいので根腐れ防止剤は無くても良いです。

セラミスを入れます

まず用意した器の底に、容器の約1/4~1/3くらいセラミスを入れます。

観葉植物を植えます

底に敷いたセラミスの上に観葉植物を入れて、高さや位置を決めて、セラミスを追加し植えこみます。

割りばしやピンセットなど、細長い棒状の物で根の隙間にもセラミスが入るように軽くつつきながらな土を足していきます。

たっぷり給水

植え込みが終わると、たっぷり給水します。
最初の水やりは、容器いっぱいに給水してください。

セラミスが十分に水を吸収するくらい水をあげます。

数分、馴染ませるとセラミスが水を吸収しきるので、残った余分な水を全部捨てます。

セラミスがこぼれないよう気を付けながら鉢を傾けて水を切ります。

完成です

ガジュマルのセラミス植えの完成です。

セラミスのお手入れ

セラミス植えの水やり

セラミスで植えた観葉植物の普段の水やりは、セラミスが乾ききったら容器の1/4~1/5くらい水を入れます。

ガラスの容器を使っている場合は、セラミスが乾くのが目で確認できるので水やりは難しくありません。

陶器などを使っている場合は、セラミス全体が乾くのが確認出来ないので、セラミスの表面が乾いてから数日後くらいに容器の1/4~1/5程度水を入れます。

セラミスは以下の写真のように水を含むと色が濃いオレンジ色になるので分かりやすいと思います。

セラミス植えの肥料

セラミスには肥料成分が全く入ってないので肥料を与えて育てます。

肥料は、固型肥料ではなく水に溶けやすい液体肥料が使いやすくて良いです。

ただしハイドロカルチャーは、濃い液肥を与えると肥料焼けを起こすことがあるので、そのまま使えるハイドロカルチャー用の肥料等を使うのが簡単でお勧めです。

置き場所

置き場所は、土植えの観葉植物と同じように直射日光を避けて育てるのが良いです。
レースのカーテン越しや、照明の明るい室内等が望ましいです。

また土を使ってない無菌状態なので食卓やキッチン、寝室等で楽しむ方も多いです。

関連動画

「風水観葉植物の教科書」プレゼント

観葉植物ネットショップ【Green Smile】

風水アドバイザーのYouTubeチャンネル

動画で解説【風水、観葉植物、心理学で開運ライフ】無料講座
チャンネル登録していただけると最新情報の通知が届きます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright©観葉植物と風水のグリーンスマイルBLOG,2022All Rights Reserved.