オリーブの木に実をつけるために必要なこと

5000年も前から地中海を中心に栽培されていたという歴史の深いオリーブの木。
日本でも観賞したり実を収穫したりと人気の高い植物です。
今回は、そんな楽しみ色々のオリーブの木の植物図鑑です。

オリーブの木とは?

220-P9180002
オリーブ(学名Olea europaea)は、モクセイ科オリーブ属の常緑中高木です。

常緑なので、小さな艶やかな葉を1年を通して観賞できます。

5~6月にかけて、可愛らしい白い小さな花をいっぱい咲かせます。

そのうちの約1割程度がオリーブの実になります。
その後秋にかけて実が成熟し、色も緑、赤、紫、黒へと変化します。

11~12月にかけて、オイル用の実を収穫します。

地中海地方の原産とされ、現在もスペイン、イタリア、ギリシャを中心にオリーブ油が生産されています。

乾燥には比較的強い方で、水はけが良く太陽の光が燦燦と当たり風通しも良い、暖かい気候の土地を好みます。

芽吹く力が強く、生命力が強い樹です。
挿し木も容易で、成長も早いです。

上手く育てれば10mを超えるような木になります。

海外では樹齢1000年を超えるようなオリーブの樹があり、今も実をつけたりしているそうです。

環境や条件が合えば、人間よりもずっと長生きなんです。

オリーブに実を付けるために必要なことは?

オリーブはお洒落な雰囲気があるので、とても人気があります。

せっかく育てているのだから葉や枝ぶりを楽しむだけでなく、ぜひ実も見てみたいですよね。

「ずっと育ててるけど、実なんて見た事ないわ」
「どうすれば実がつくのか全然わからない」
と悩んでいませんか。

オリーブはどんな種類でも一応実がつくようです。

お家のオリーブに何故実がつかないのか、原因がわかるかもしれません。
ひとつずつ見ていきましょう。

水切れさせた

オリーブは比較的乾燥に強いです。
でも葉が丸まったり黄色くなっていたら、水切れのサインです。

水はけの良い土壌は好きと言っても、水は適切に与えなければいけません。

でも水やりは庭に植えているものはともかく、鉢植えの場合は特に大切です。

鉢の表面の土が乾いたらたっぷり水を与えます。

花が咲いているときに水切れさせると実がつきにくくなるので、注意しましょう。

水をやるときは花に水がかかると花がおちてしまうので、株元にあげるようにします。

また小さな実がついてからも水切れすると実が落ちるので、庭に植えているものも鉢植えのものも注意します。

今年伸びた新しい枝を切ってしまった

枝が邪魔になるからと、自分の好きな時にばっさり剪定していませんか。

実はオリーブの実のなる枝というのは決まっているのです。

オリーブは生長期に新しい枝をどんどん伸ばします。

次の年にその延ばした枝に花が咲き、実がつきます。

自由に剪定していたら、実のなる大切な枝を切って捨てているのかもしれません。

オリーブの剪定は基本的には根が休眠する2月に行います。

樹形を整えたいからと言って単純に丸く刈り込むと、実のなる枝を殆ど落としてしまう可能性があります。

新しく出た枝はなるべく残すように、枝の込み入っている箇所の不要な枝のみを間引く感じに剪定します。

不要な枝とは、例えば下向きに伸びた枝、内側に伸びている枝、他の枝と交差する枝などです。

肥料をあげていない

オリーブのナチュラルなイメージから、肥料なんか与えなくてもなんとなく育つのではと思っていませんか。

実をつけるには十分な栄養が必要です。

葉の色がなんとなく悪くなって、黄緑になってきたら肥料切れのサインです。

真夏は必要ありませんが、2月、3月、6月、10月に適量を与えます。

また肥料は化成肥料よりも油粕などの有機肥料の方が好ましいです。

オリーブは酸性土が苦手なので、2月頃に苦土石灰を与えると良いでしょう。

花が咲いてるときに雨が続いた

5~6月にかけてのせっかくのオリーブの花の時期。
日本ではちょうど梅雨で雨が沢山降ります。

オリーブの花は雨には弱く、雨に打たれ続けると花が落ちてしまいます。

また実がなるのに必要な受粉も、花粉が雨で飛んでいかないので上手くいきません。

鉢植えなら軒下など雨のかからない場所に移動させます。
庭植えならビニールなどでカバーするなど、雨よけをします。

樹が若すぎる

殆どの植物は実がなるまでにある程度の年数を必要とします。

オリーブだと
挿し木で5年、種から育てたものだと15年以上は実がなるまでにかかります。
焦らず大切に育てていきましょう。

樹が1本しかない

オリーブに実をつけたかったら、是非2本は植えましょう。

1本だけでも一応は実をつけるのですが、2本以上あった方が断然実がつきやすくなります。

品種を選ぶ時は違う品種を選びます。

実を沢山つける為には、花が沢山咲いたほうが有利です。

品種としては花が沢山咲きやすい「ネバディロブランコ」がオススメです。