梅の観心寺

3月に入り、このところ暖かい日が続いています 🙂

「どこかに出かけたい~!」
ということで、春の陽気に誘われて河内長野市は『観心寺』に行ってまいりました!
kannsi6 13 47 58

ここ観心寺は25か所ある〈関西花の寺〉のひとつで25番目のお寺だそうです。

山門を入ると、さっそくのいい香りが 🙂
ume-06 13 50 37

uum51 07

かわいらしい桃色の梅も満開です!
ume 6645

階段手前に売られている「梅どら焼き」に後ろ髪をひかれつつ、先にお参りへ 😀
kaida 54 50

この金堂は大阪府下最古級で、弘法大師により彫刻された観音さまが本尊として祀られています。(いずれも国宝)
hondo02 45

境内は思っていたより広くて、金堂をとりまく7つの星塚というものがあります。
昔から、この星塚を一巡することでその年の厄が払われると云われているそう。

「巡りたいっ」・・けれど私は少しヒールのある靴を履いていたので断念することに 🙁
星塚は山道にあるので、歩きやすい靴やスニーカーがおすすめです!

で、日没までまだ時間があるので、お隣の富田林市へ向かうことに(^_^)/

江戸時代の伝統的な街並みが残るという『寺内町(じないまち)』
寺内町内には殆ど駐車場がないので、近くの〈富田林市営東駐車場〉に停めると便利です。

数分歩くと、タイムスリップしたような街並みが見えてきました。
mato5 25 41

おや?屋根の上に何かが! 🙄
kawra8 05
”鬼瓦”だそうです。この歳にして初めて見ました(*^.^*)

 

かつて造り酒屋だった重要文化財の『旧杉山家住宅』へ。

入るとすぐ江戸時代の土間が。その一角は台所で、天井には立派な梁が何本も見えます。
この梁はかまどの煙を遮断するために架けられているのだそう。
doma 43 55

開放的な座敷が奥まで広がっています。100人くらい泊まれそう?!
hir6 56

寺内町内には町屋を生かしたおしゃれなカフェ等のお店もありますが、景観を保存しながら多くの方が普通に住まれています。歴史を感じられる素敵な街並みがずっと残っていくといいですね~ 😀

 

観心寺 豆知識

飛鳥時代(701年) 役行者により開かれる
平安時代(808年) 空海(弘法大師)が国家の安泰と人々の厄除けのため如意輪観音菩薩(国宝)を刻み本尊とされる
827年 空海の一番弟子らが寺を造営。高野山を開くための拠点として整備された
南北朝時代 後醍醐天皇が楠木正成を奉行として金堂を造営される

境内には楠公建掛塔(重文)・後村上天皇陵・楠木正成の墓等がある

<日本唯一の星塚> 弘法大使が厄除けのために本尊と一緒におまつりした七つの星塚があり、金堂をとりまくこの星塚を一巡することでその年の厄が払われると云われている
ちなみに厄除けの風水観葉植物といえばこちら⇒

観心寺 基本情報

〒586-0053
大阪府河内長野市寺元475

拝観時間 9:00~17:00

入山料  小中学生 100円 大人 300円  三十人以上で団体割引
※毎年4月17日と18日は本尊御開帳日(午前10時から午後4時まで)につき、特別拝観料として700円

bow
「最後までお読みいただきありがとうございます」


パワースポット ブログランキングへ