ディフェンバキア

5ディフェンバキア3
サトイモ科
原産地:熱帯アメリカ
花言葉:永久の友情

幅広の緑地の葉に白っぽい斑が入り、そのコントラストが美しい鑑賞価値の高い観葉植物。
斑の模様の違いで数種類の品種があります。
鉢物でも寄せ植えでも使いやすく人気です。

ディフェンバキアの種類

・ディフェンバキア カミーラ
園芸品種の中では最も多く流通している品種です。
コンパクトに育ち、葉は真ん中が大きく白色になり縁が緑になります。
日照不足には比較的強いのですが、寒さには弱いので10℃以上で冬越しさせましょう。

・ディフェンバキア アモエナ ”トロピックスノー”
ディフェンバキアの中で最も大きくなる品種です。
厚く丸みのある葉の中央部に白色の斑が入ります。
他の品種よりも日陰にも寒さにも強いです。

・ディフェンバキア アンナ
小型の園芸品種でコンパクトな株立ちです。
葉の中央部分にライトグリーンの斑がたくさん入り、葉の縁は白覆輪になるのが特徴の美しい品種です。

・ディフェンバキア コンパクタ
小型の品種です。
濃い緑色の葉にライトグリーンの斑が入ります。
子株でよく増えます。

ディフェンバキアの管理・育て方

ディフェンバキアの難易度は普通です。

温度管理

冬越しするのに8度以上必要です。
元気に成長するには、15~16℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、10~12℃程度必要。
株が生き残るには7~8℃程度必要。

置き場所・光

高温多湿を好みます。
光を好む植物ですが、直射日光に当てると葉やけすることがあります。
生育期の春から秋は室内管理でも大丈夫です。
冬はできるだけ室内の明るく暖かい場所での管理が必要です。

水管理

水の管理は、春から秋の生育期は、土が乾けばたっぷりと水を与え、週に2回程霧吹きしてあげます。
冬は水を控えます。
空中湿度を好みますので、冬も葉に20度程のぬるま湯を霧吹きし湿度を補います。
夜間にビニール袋を被せるのも湿度を補うのに良いでしょう。

肥料

肥料切れになると葉が黄色くなって落葉するので注意しましょう。
生育期には2~3ヶ月に1度化成肥料を与えます。
4月と9月の中旬にカリ分の多い肥料を与えます。

増やし方

挿し木か取り木で増やすことができます。
下の方の葉がなくなってきて仕立て直しする時に、切った茎を挿すと良いでしょう。
2~3節に切ってバーミキュライトなどに挿します。

ディフェンバキアの楽しみ方

ディフェンバキアは寒さに弱い植物ですので基本、鉢植えにして室内で楽しみます。
45ディフェンバキア2

温暖な地域では庭植えなどでも楽しめます。
45ディフェンバキア4

寒さに弱いディフェンバキアの冬越しには、秋の管理が大きく影響します。
9月頃から冬に向け強い株作りを心がけます。
できるだけ戸外の日の当たるところで育て、気温が10度を下回るようになれば室内の窓辺などで育てます。

秋の間にそのようなことを行うだけで、越冬がかなり楽になります。

また伸びすぎで姿が乱れた場合は、生育期であれば、伸びすぎた茎を切りとりましょう。
新芽は比較的簡単にでてきます。

ディフェンバキアの風水

ディフェンバキアのように大きな葉を持つ観葉植物は無駄使いを防ぐ金運アップアイテム。
財運を司る方位の西に飾るとより効果的。

また白い斑入り葉のディフェンバキアは鬼門の東北と相性が良く、鬼門に置くことで厄除け・魔除けのパワーを発揮!

SNSでもご購読できます。

Green Smileフェイスブックページ