サンスベリア(トラノオ)

5サンスベリア
リュウゼツラン科
原産地:アフリカ・南アジア
花言葉:永久・不滅

昔からトラノオ(虎の尾)の名前で流通量の多いサンスベリア。
最近ではマイナスイオン放出量が多いことでで注目を集めました。
マイナスイオン効果とシンプルで独特な樹姿からインテリアグリーンとして人気です。

サンスベリア(トラノオ)の種類

・サンスベリア ローレンティー
厚みのある多肉質の細長い剣状の葉には、濃い緑色の縞々が横方向に何段も入ります。
葉の縁は黄緑色になります。
その見た目が虎の尾のように見えることから、「トラノオ」と呼ばれることが多いです。
乾燥には結構強いので、冬には乾燥気味にすれば部屋の中でも越冬できます。

・サンスベリア ゴールデンハニー
小型の品種です。
横縞はとても薄く、大きな黄色い斑が入るのが印象的です。
葉は幅広く丸みがあり、花びらのように広がるかわいらしい品種です。

・サンスベリア キリンドリカ
1メートル高さにもなる大型の品種です。
葉の形は2~3センチの円筒形ですらりと直立して伸び、スタイリッシュなサンスベリアです。
色は濃い目の緑に薄い緑の横縞が入ります。
温度は10℃以上は必要で、低温多湿が苦手なので冬場は乾燥気味に管理するのが大切です。
8℃以下になったら水を切りましょう。

サンスベリア(トラノオ)の管理・育て方

サンスベリア(トラノオ)は簡単に育てられます。

温度管理

高温を好む植物で冬は8度以上保ちましょう。
元気に成長するには、15~16℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、10~12℃程度必要。
株が生き残るには8~10℃程度必要。

置き場所・光

日当たりを好む植物なので直射日光で育ててあげるのが望ましいですが、夏の強い光のもとでは葉焼けを起こすことも
あるので注意が必要です。
屋外では半日陰で育てるほうがよいでしょう。
高温の場所を好むので暑い所で育てるとよく育ちます。
秋には室内に入れて明るい場所で管理します。

水管理

水の管理は、春から秋の生育期は、土が乾けば水を与え、冬は極力水を控えます。
冬に土が過湿になると枯れてしまいます。 冬の間はほとんど給水の必要はありません。

肥料

肥料を好みます。
生育期に2ヶ月に1回肥料を多めに与えます。
液肥を与えるのも良いです。
冬は必要ありません。

増やし方

株分け、葉挿しで増やします。
株分けは春から夏頃、鉢土を落として子株をはさみでカットします。
1日日陰で乾燥させてから植えつけます。
葉挿しは1枚の葉を10センチ程度に切り、清潔な土に挿し木します。
その時上下逆さまに挿さないように気をつけます。
また斑入りの品種を増やす場合は株分けにします。

サンスベリア(トラノオ)の楽しみ方

管理がとっても簡単なエコグリーン。
ご家庭、事務所、お店など場所を選ばず楽しめます。
45-san-ab-of

お手入れは難しくない観葉植物で初心者さんも楽しめますが、低温時に土を過湿にすると株元から腐り、葉が倒れることがあります。
8度以上保てる室内で管理してあげるようにしましょう。
また冬の間は極力給水をひかえます。

サンスベリアは葉先に触れると、傷んで伸びなくなるため、あまり葉の先端に触れないようにしましょう。

サンスベリア(トラノオ)の風水

サンスベリアは空気浄化効果(室内の空気をきれいにする効果)に優れた観葉植物。
空気浄化効果に優れた観葉植物は風水では悪い「気」を浄化するパワーが強い開運アイテム。

特に風水でマイナスの「気」が強いとされる電磁波を発する電化製品の近くに置くのがオススメです。

SNSでもご購読できます。

Green Smileフェイスブックページ