カラジウム

5-IMG_0244_6_1_1
サトイモ科
原産地:熱帯アメリカ
花言葉:喜び・歓喜・爽やかさ・わかち合い

葉の形はサトイモの葉と似ています。
特徴的なのは葉の色。白、赤などの葉の地の色に緑色の葉脈が入るものや、緑の地色に白、ローズ、ピンクの葉脈が入るものなどいろいろ。
鉢物としても寄せ植えのワンポイントとしても好まれる観葉植物。

カラジウムの種類

・カラジウム アーロン
葉脈など全体的に白色で、縁が緑色になります。

・カラジウム ホワイトクリスマス
丈夫で育てやすく、日本でも最もポピュラーな品種のひとつです。
白地に緑の葉脈が入り、少し赤色がのることもあります。
室内で育てるのに向きます。

・カラジウム スカーレットビューティー
葉の縁がダークグリーンで中央が赤色の品種です。

・カラジウム キャンディダム
葉は白地で縁と葉脈が暗めの緑色になる品種です。

カラジウムの管理・育て方

カラジウムは比較的簡単に育てられます。

温度管理

耐寒性は弱い方で冬は10度以上必要です。
元気に成長するには、15~16℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、13~15℃程度必要。
株が生き残るには10~12℃程度必要。

置き場所・光

日当たりでも日陰でも育ちますが、よく日に当てたほうが葉色が美しくなります。
真夏の直射日光下では葉やけをおこす事もあるので、半日陰で育てます。
寒さに弱いので秋になったら室内で育てます。
室内では明るい場所に置きましょう。

水管理

日当たりの良い場所で育てている場合、生育期には土が乾けばたっぷりと水を与えます。
日陰や室内など少し暗い場所の場合は、水をやりすぎると葉柄が伸びて姿が崩れやすいです。
葉が枯れて休眠に入ったら球根が腐ってしまうので春まで水を与えるのをやめます。

肥料

2ヶ月に1回程度与えます。
9月頃にカリ分の多い液肥をあげるのがおすすめです。

増やし方

分球で増やせます。
5月頃に芽が偏らないようにナイフで半分に切り、
腐敗防止剤を切り口に塗ってから植えつけます。

カラジウムの楽しみ方

5-カラジウム
カラジウムの魅力はきれいな葉っぱ。緑地に白やピンクの斑が入り観賞価値高い観葉植物として人気です。

カラジウムは実は春植えの球根植物。
ですので、晩秋に葉が枯れると鉢ごと室内の暖かいところで越冬させてあげましょう。

冬の間は、乾燥させて管理するのがポイント!
春に球根を植えなおせば新しく芽がでてきれいな葉っぱが楽しめます。

尚、高温多湿では球根が腐敗しますので注意しましょう。

カラジウムの風水

ピンクの斑入り葉のカラジウムは恋愛運アップや女性の運をアップする効果があります。
白の斑入り葉のカラジウムは鬼門の東北と相性が良く、鬼門に置くことで厄除け効果で開運が期待できます。

また葉っぱの大きなタイプは無駄遣いを防ぎ金運アップ効果があると言われます。

SNSでもご購読できます。

Green Smileフェイスブックページ