ポトスの育て方、楽しみ方

pt-2
サトイモ科
原産地:ソロモン諸島・東南アジア
花言葉:永遠の富・華やかな明るさ

管理がとっても簡単で初心者さまに人気の観葉植物ポトス。
お花屋さんやホームセンターで見かけることも多いのでこれまで観葉植物を育てたことのない人でもご存知の方は多いのではないでしょうか?
今回のグリーンスマイル観葉植物図鑑はポトスについてのあれこれをご紹介いたします。

ポトスの種類

ポトスは50種以上もの品種があると言われ、今でも観賞用などに新たな品種が開発されています。
そんなたくさんの品種の中から、日本での流通量の多いポピュラーな3品種をご紹介させていただきます。

ポトス ゴールデン

5-potos-1
ポトスの中で最もポピュラーな品種。グリーンの葉に黄色や白の斑が入り観賞価値の高く人気です。
管理も比較的簡単なことから、植物初心者にオススメです。

ポトス ライム

5-potos-2
名前の通り爽やかなライムグリーンのきれいな葉っぱが人気の品種。お部屋に1鉢あるだけで明るく爽やかな雰囲気をもたらします。
こちらも管理は比較的簡単で初心者さん向きでもあります。
葉のライムグリーンは日光をたくさんあびるほど鮮やかになりますが、直射日光では葉を傷めることがあるのでレースのカーテン越しに日光浴させた方が安心です。

ポトス マーブルクィーン

49-pw
白い斑入り葉がとっても印象的なポトスの品種。優しく柔らかい印象で観賞価値高い観葉植物。
「ポトス ゴールデン」や「ポトス ライム」に比べると寒さや多湿に弱くやや管理が難しいと言われますが、園芸用としての品種改良も進み昔に比べえると育てやすくなっています。

ポトス パーフェクトグリーン

pt-3
その名の通り葉っぱに斑が入らないグリーン鮮やかな品種です。
管理がとっても簡単で初心者さん向きとして人気です。
レースのカーテン越しに日光浴してあげると葉っぱのグリーンがより鮮やかに!

ポトスの管理・育て方

ポトスはお手入れ簡単な観葉植物です。

温度管理

高温多湿を好む植物。
元気に成長するには、13~15℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、10~12℃程度必要。
株が生き残るには、7~8℃程度必要。

置き場所・光

日光を好む植物ですが日陰でも育ちます。
ただ、日照不足が続くと葉色が悪くなるので注意。
生育期の5~9月は屋外の日陰が良く育ちます。
冬は室内管理してあげましょう。

水管理

春から秋の生育期は、土が乾けばたっぷりと、葉水を兼ねて上から全体にたっぷり与えます。
冬の水やりは控えめに。土の表面が乾ききってから、数日後に与えます。

肥料

生育期は、おおよそ2ケ月に1回の割合で化成肥料を与えてあげましょう。
冬の間は基本肥料は不要です。
ただ、冬の間も暖かいお部屋でポトスが成長しているようなら月に1度程度液体肥料をあげましょう。

増やし方

挿し木
つるを切り取り、さらにそのつるを2~3節に切って挿し木用の土やバーミキュライトに挿します。
1ケ月程で発根しますので、2号鉢(直径約6cm)くらいのポリ鉢に1本植え替えします。
わき芽が2~3節に育てば吊り鉢やヘゴ仕立てにして育てます。

ポトス楽しみ方

ポトスはつる性植物ですので葉っぱの動きを楽しめます。
◆鉢植えで葉っぱを垂らして楽しむ
◆ハンギング(吊り鉢)で楽しむ
◆ヘゴ仕立てにして上へ伸びるポトスを楽しむ
◆伸びたつるを切って水の入ったコップに挿し楽しむ。簡単に水中で根をだします。

ポトスと風水

ポトスのように下に垂れ下がる葉を持つ観葉植物は恋愛運アップのパワーを持つとされています。
玄関やお部屋の窓際に飾ることで良縁が外から舞い込むかも!

また人間関係をつかさどる方位の東南の方向に飾るのも良し。

飾り方はハンギング(吊り)の形が恋愛運アップにはより効果的です。

SNSでもご購読できます。

Green Smileフェイスブックページ