パキポディウム

5パキポディウムjpg
キョウチクトウ科
原産地:マダガスカル

こん棒上に伸びたサボテンのような多肉質の太い茎に、とげがたくさん生え、茎の先端に細長い葉をたくさんつける独特の姿が好まれる植物。

パキポディウムの種類

・パキポディウム ゲアイー
シルバーがかったこん棒のような幹には鋭い棘がたくさんあります。
上端に細長い葉が密生してとても個性的な見た目です。
和名は阿亜相界(ああ そうかい)。
現地では高さ10mにも成長するようです。

パキポディウムの管理・育て方

パキポディウムの難易度は普通です。

温度管理

高温を好む植物で、冬越しさせるには10℃以上あった方が良いです。
元気に成長するには、13~15℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、10~12℃程度必要。
株が生き残るには7~8℃程度必要。

置き場所・光

1年中、室内でレースカーテン越しに日が当たる場所での管理が最適です。
冬の寒い時期には暖かい室内で管理します。
また最低温度が7℃を保てる場所なら、水遣りを控え乾燥気味にすると冬を越すことができます。

水管理

水管理は春から秋の生育期は、土が乾けばたっぷりと与えます。
冬の水やりは控えめに土を乾かしぎみに管理します。
鉢土が白くなってから5日ほど待って水を与えます。

肥料

春から秋にかけて月に2回液体肥料を与えます。
植え替える時には用土に苦土石灰を混ぜると良いでしょう。

増やし方

実生と挿し木で増やすことができます。
挿し木はやや難しいです。
幹が腐ってきて仕立て直す時に挿し木します。
挿し木の時期は春です。
腐りの入っていない幹を切って、切り口を日陰で乾燥させます。
土に植えてからしばらく水をやらずにおき、やや乾燥気味に管理します。

パキポディウムの楽しみ方

独特で可愛い樹姿のパキポディウムは鉢植えでインテリアグリーンとして楽しむのが一般的。
小型から中型サイズまでサイズも色々流通しています。

挿し木で増やすことができますが、植物に傷が付くと腐りやすいので注意が必要。
水のやりすぎで株を腐らすことがあります。
過湿と日照不足を注意すれば比較的簡単に育てられます。

パキポディウムの風水

パキポディウムのように独特、個性的な樹姿の観葉植物は東と相性良く、東に置くと活力や元気がわいてくると言われます。

SNSでもご購読できます。

Green Smileフェイスブックページ