フィットニア

フィットニア

キツネノマゴ科
原産地:ペルー・コロンビア
花言葉:デリケートな心・羨ましい

地を這うように大きくなる植物で、小さな葉には、白や赤の葉脈が目立ち特徴的。
花も付けますが、花はあまり観賞価値がありません。
かわいい葉が吊り鉢や寄せ植えのワンポイントとして人気。
生長が早く枝葉が伸びて乱れた場合は、刈り込んで形を整えます。

フィットニアの種類

・フィットニア・フェルシャフェルティ・アルギロウネラ
丸みを帯びた葉は葉脈にそって白色がはっきりと入ります。
網目のように見えるので和名は「シロアミメグサ」で、白とグリーンのコントラストが美しいです。
日陰には耐えますが、寒さには弱く15℃以上は必要なので注意が必要です。

・フィットニア・フェルシャフェルティ
別名「ベニアミメグサ」。
ダークグリーンの葉に紅色の網目が入ります。

フィットニアの管理・育て方

フィットニアは比較的簡単に育てられます。

温度管理

高温多湿を好む植物で耐寒性は比較的弱く、越冬には10℃以上必要です。
元気に成長するには、15~16℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、12~13℃程度必要。
株が生き残るには8~10℃程度必要。

置き場所・光

生育期には屋外に出すと丈夫に育ちます。
ただし強い光に弱く葉やけするので、夏は樹の下などの日陰で育てます。
室内でも夏の間は明るすぎない場所に置きます。
梅雨や長雨には当てないようにしましょう。
冬はできるだけ明るく暖かい場所で管理します。

水管理

多湿を好むので春から秋の生育期は、土が乾けばたっぷりと水を与えます。
生育期に葉に水を与えすぎると葉枯れを起こすことがあるので、葉にかからないように注意して給水します。
冬の水やりは控えめに土を乾かしぎみに管理します。

肥料

春から秋にかけて、月2回程度液体肥料を与えます。

増やし方

挿し木、株分けで増やすことができます。
春から夏にかけて挿し木します。

フィットニアその他

葉に水がかかりすぎると葉枯れを起こしますが、空気乾燥にも弱い植物ですので、過湿の環境では、霧吹きなどで軽く葉に散水も必要です。
風通しの悪い場所では蒸れを起こし、中央から枯れてきます。
枯れた部分を取り除いても復活できないくらいの状態の場合は、葉の元気ある部分を切り取り挿し木で新しく作り直しましょう。

SNSでもご購読できます。

Green Smileフェイスブックページ