アンスリウム

42-4090020
サトイモ科
原産地:熱帯アメリカ
花言葉:煩悩・恋にもだえる心・旅立ち

花のように見えるのは花苞で、中心の黄色の棒状のものが花穂。
花苞が赤いものが多く出回っていますが、ピンクや白などもあります。
葉数が少なく草姿がみだれにくく、フラワーアレンジなどでも人気です。

アンスリウムの種類

・アンスリウム アンドレアヌム
アンスリウムの中でもポピュラーな品種です。
光沢のある真紅のハート型の仏炎苞が印象的です。
花序は黄色で、切花にも使われます。
和名はオオベニウチワ。

・アンスリウム アクロポリス
白い大型の仏炎苞で、花数は少なくても長い期間楽しむ事ができます。

・アンスリウム フローネ
ピンク色の仏炎苞の中輪種です。
花茎は短めに育ちます。

アンスリウム)の管理・育て方

アンスリウムは株の管理は難しくありませんが、花苞をキープするのは比較的難しいです。

温度管理

耐寒性は比較的弱いほうです。
元気に成長するには、15~16℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、12~13℃程度必要。
株が生き残るには8~10℃程度必要。

置き場所・光

高温多湿を好みます。
強い日差しでは葉やけするので、明るい半日陰に置きましょう。
あまり日照不足になると花が咲かないので注意しましょう。
春から秋は半日陰で冬は明るい室内での管理が良いです。

水管理

成長期は、水を好みますので土が乾けばたっぷりと給水します。
冬は土を乾かしぎみで管理しましょう。
空中湿度を好むので、夏は定期的に葉に散水してあげましょう。
特に発芽部は乾燥させないようにしましょう。
冬は霧を吹いたり、夜はビニール袋を被せて保湿してあげるのがおすすめです。

肥料

生育期には2ヶ月1回肥料を与えましょう。
カリ分の多い液体肥料を与えるのもおすすめです。

増やし方

株分けやとり木で増やすことができます。

アンスリウムの楽しみ方

アンスリウムの大きな魅力は赤やピンクの花苞。
購入時はたくさんの花苞が付いていますが、この花苞を次々咲かせるのはなかなか難しいんですよね。

花が咲かない原因はいくつかあるのですが主な原因は日照不足。
たっぷり日光浴しないとなかなか花が付きません!
ただし、やっかいなことにアンスリウムは強い日差しは苦手・・・。
直射日光をガンガンに当てると枯れてしまうことも。

レースのカーテン越しなど、注意しながら日光浴してあげると花が付きやすくなります。

また肥料の与えすぎも花が付かない原因のひとつ。
肥料が多いと葉ばかり茂り花が付きにくくなることもあるので注意しましょう!

後、病害虫は、カイガラムシに注意が必要です。

アンスリウムの風水

ピンクの花苞を付けるアンスリウムは恋愛運アップのアイテム。
赤色の花苞を付けるアンスリウムは勝運(勝負運)アップのアイテム。

SNSでもご購読できます。

Green Smileフェイスブックページ