アイビー(ヘデラ)の育て方、楽しみ方

58-3130884
ウコギ科
原産地:北アフリカ・西アジア・ヨーロッパ
花言葉:永遠の愛・友情・信頼

小さな切れ込みが入った、白や黄色の斑が入る葉がかわいく人気。
つる性植物で壁掛けやつり鉢でよく利用されます。
見た目のかわいさと、強健で育てやすい性質から初心者さんも安心の観葉植物。

アイビー(ヘデラ)の種類

アイビー(ヘデラ)の種類はたいへん多く、500種以上もあるんです。
ここでは特に日本で流通量の多い品種2つをご紹介させていただきます。

ヘデラ ヘリックス (イングリッシュ・アイビー)

イングリッシュ・アイビーの名で親しまれている園芸品種のアイビー(ヘデラ)。
お花屋さんやホームセンターで最もよく見かけるアイビーです。
青葉、黄斑、白斑など葉っぱの色も豊富。
鉢植え、ハンギング(吊り)、グランドカバーなど楽しみも色々です。

ヘデラ カナリエンシス(オカメヅタ)

大葉の常緑性アイビー(ヘデラ)。性質はとっても強健でグランドカバーや壁面フェンスなどに使われることの多い品種です。
冬越しも問題なく葉は一年中緑を保ちます。
日当たりの良い場所を好みますが半日陰でも問題なく栽培可能です。

アイビー(ヘデラ)の管理・育て方

アイビーはお手入れ簡単な観葉植物です。

温度管理

寒さに強く戸外でも室内でも大丈夫。
元気に成長するには、12~13℃程度必要。
美しい状態で鑑賞するには、7~8℃程度必要。
株が生き残るには、3~5℃程度必要。

置き場所・光

明るい場所を好みますが、日陰でもよく育ちます。
ただ、日光に良く当てる方が葉の色がよくなります。
関東より西の地域では1年中外で育てる事ができます。
室内で観賞するのも良いですが、5~10月はできるだけ外で育てた方が良いです。

水管理

水は冬は少なめ、生育期は、土が乾けばたっぷりと給水しましょう。
乾燥するとハダニがつくこともあるので、葉にも水をかけてあげると良いです。

肥料

よく成長する4~10月までは化成肥料を与えます。
成長が鈍る冬は与えなくて良いです。
冬に室内で育てていて、成長しているようなら月に1度程度液体肥料をあげましょう。

増やし方

挿し木
茎を2~3節の長さに切り挿し木用に水はけの良い土に挿します。
発根すれば小さなポリ鉢に2~3本上にします。
また水挿しという方法もあります。
茎を15cm位に切って水に挿しておくと根が伸びるので、土に植え替えて育てる事もできます。
冬は根も伸びにくいので春に行う方が成功率が高いです。

アイビー(ヘデラ)の楽しみ方

つる性で性質強い観葉植物なので、楽しみ方は色々。
鉢植え、ハンギング(吊り)、またグランドカバーや壁面緑化など。

鉢植えで楽しむときは、背の高い植木鉢でつるの動きを楽しむのがオススメ!
5-IMG_2698
つるが伸びすぎて形が乱れた場合は適当なところで切ってあげましょう。

日光を好みますが日陰にも強いので半日陰での管理もOK。
ただ1年を通して日当たりの良い場所で管理したほうが、葉の美しさが保てます。

アイビー(ヘデラ)の風水

アイビー(ヘデラ)は恋愛運や人間関係運アップの代表的な観葉植物。
下に垂れ下がる葉を持つ植物は良縁を運ぶパワーが強いとされています。

玄関やお部屋の窓際、また人間関係をつかさどる方位の東南の方向に飾ればより効果的。

飾り方はハンギング(吊り)など葉っぱが垂れ下がるイメージならが恋愛運アップにはオススメです。

またアイビー(ヘデラ)のような小さな葉っぱが可愛い観葉植物は財運を司る方位の西と相性良し、西に飾ると金運アップ。

SNSでもご購読できます。

Green Smileフェイスブックページ