大神神社

奈良県桜井市に位置する大神神社(おおみわじんじゃ)は、創祀に関わる伝承が『古事記』や『日本書紀』の神話に記されているほど歴史が古く、日本最古の神社とも言われています。

そのため、たいへん人気の高いパワースポットでもあるんです。
45-m2
主祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)で、稲作豊穣、厄病除け、醸造、製薬、縁結びの神として信仰を集めています。

「三輪明神」「三輪神社」とも呼ばれているので、そちらの名前でご存知の方も多いよう。

神社としては珍しく、本殿を設けずに三輪山を信仰の対象としています。
そのご神体である三輪山は古くから入山が厳しく制限されてきましたが、最近では三輪山への登拝が可能となっています。(入山の許可、登拝料は必要です。)

こちらが大神神社の二の鳥居です。ここを抜けると一気に荘厳な雰囲気になります。
45-m1

45-m3

「夫婦円満・縁結び」の夫婦岩の社をお参りし
45-m4

その先に立派な拝殿が
45-m5

45-m6

広い境内には大美和の杜展望台があり、大和三山や二上山を眺望できます。
45-m7

パワースポットで修行中の花にゃんも大神神社で記念撮影!
45-m8

そして、お参りの後のランチは、名物三輪そうめんをいただきました。
45-m9

bow
「最後までお読みいただきありがとうございます」


パワースポット ブログランキングへ