壇上伽藍と奥の院

金剛峰寺に並ぶ高野山パワースポットと言えば壇上伽藍と奥の院。
壇上伽藍は金剛峰寺のすぐ近くに位置します。
45-dan-1
朱色が鮮やかな壇上伽藍根本大塔は高野山のシンボル的な存在でもありますよね。
空海が真言密教の根本道場として建設したものなんです。

ここは、弘法大師が最初に開いたと言われている場所で、高野山の総本堂にあたる「金堂」などたくさんのお堂があります。
「金堂」は特に重要な場所とされ、今でも年中行事は殆どここで行われているそうです。

そしてもうひとつ欠かせない高野山のパワースポット奥の院。
高野山を開いた弘法大師(空海)は62歳で入定して即身仏となった場所。
45-ok-1

今も弘法大師御廟で祀られており、入り口の一ノ橋から御廟までの約2kmに渡る杉木立の道は奥の院参道として有名で両側にはたくさんのお墓や供養塔が並びます。

とても広い敷地には皇室、公家、織田信長、明智光秀、石田三成、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信、井伊直弼、豊臣家、徳川家などのお墓が点在しています。

大名だけでなく企業のお墓や芸能人のお墓も多く、ユニークな形の供養塔もあります。

とても神秘的なパワースポットでした。

bow
「最後までお読みいただきありがとうございます」


パワースポット ブログランキングへ