北野天満宮

福岡の太宰府天満宮とともに菅原道真を祀った神社で学問の神様として有名なパワースポット!

本殿、石の間、拝殿などの国宝、三光門(中門)、東門などは重要文化財で建物も美しいんです。
45-k2

境内には牛の像がたくさんあって、これは牛が天神さんの使いであるからと言われています。
「なで牛」という牛の像の頭をなでると頭が良くなると言われているそうです。
45-k1

豊臣秀吉が境内で「北野大茶会(きたのだいさのえ)」という大規模な茶会を催したことがあり、境内には秀吉によって作られた京都を囲む土塁の史跡「御土居」が今も残されています。

御土居一帯には約250本のもみじが植えられていて樹齢350年から400年の古いものも数本あり11月から12月にかけて公開されライトアップもされます。

菅原道真は大宰府に左遷されることになったのですが、屋敷の梅との別れを惜しんで歌を詠んだそうです。

「東風ふかば にほひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ」
訳:わたしがいなくなっても、春が来るたび忘れること無く、梅の木よ、芳しい花を咲かせておくれ。

梅は主人である菅原道真を追って一夜で大宰府まで飛んで行ったそうで、「飛梅伝説」とよばれています。
今では北野天満宮にはたくさんの梅の木が植えられいて、2月~3月には梅苑が公開されて多くの人が訪れています。
45-k3

道真の命日である2月25日には「梅花祭」が行われます。
道真が好きだった梅の木は約2万坪の敷地に50種約1500本もあり、秀吉の茶会にちなんで茶席が設けられ、芸舞妓がお茶をたてて振舞ってくれます。

毎月25日には縁日も開かれてたくさんの露天が並び賑わいます。
また毎月25日には宝物殿も一緒に公開され、重要文化財である日本書紀や絵馬、太刀などを見る事ができますよ。

北野天満宮 基本情報

京都市上京区馬喰町
TEL:075-461-0005

時間 5:00~18:00(4月~9月)
5:30~17:30(10月~3月)
   受付時間は9:00~17:00

   祈祷受付時間 9:00~16:30

(宝物殿) 1月1日、12月1日、毎月25日
      4月10日より5月30日迄 観梅・紅葉シーズン

      9:00~16:00  
      拝観料 一般300円/中高生250円/小人150円
団体(30名以上)の場合、通常開館日以外でも受付可(要予約)

(縁日)  毎月25日 午前6時頃~午後9時頃まで
      露店・骨董・植木・古着他 季節により変わる
      境内ライトアップ 日没より9時まで「石燈籠350・釣燈籠250点燈」
      ※当日駐車場に露店が出るので駐車不可 

(梅苑公開)

2月初旬~3月中旬まで公開の予定
午前10時~午後4時
大人600円/小人300円 (茶菓子付き)
30名以上1割引(但し土曜・日曜・祝日・25日を除く)
  
   
(梅花祭)

2月25日 祭典午前10時~11時 茶会 午前10時~午後3時まで
野点拝服 1500円(拝服券・宝物殿拝観券・おさがり引換券の三連券)
1月25日より拝服券頒布
  

bow
「最後までお読みいただきありがとうございます」


パワースポット ブログランキングへ