談山神社

奈良県桜井市多武峰にある神社で藤原鎌足公が祀られています。
桜と秋の約3000本のカエデの紅葉が美しいことでも有名。
あじさいも美しく見頃はだいたい6月中旬から7月中旬まで。

私たちは紅葉の季節に行ってきました。
450-da3

談山という名前は、中臣鎌足と中大兄皇子が645年に多武峰で大化の改新の談合を行ったことから昔に談(かたらい)山と呼ばれたことが由来となっているんだそうです。

世界で唯一現存する木造の「十三重塔」が有名で重要文化財に指定されています。
特に秋の紅葉との組み合わせが絶景。

こんな感じです。
450-da5

450-da6

東殿にある「恋神社」には才色兼備で和歌に優れたといわれる鏡女王(藤原鎌足の妻)が祀られていて、縁結びの神として信仰を集めるパワースポットなんです。
「むすびの岩座」は神が宿るといわれ、なでながら「むすびの願い事」を祈願すると良いとされています。

春と秋に行われる「けまり祭」が特に有名で、中大兄皇子、中臣鎌足が出会って大化の改新のきっかけとなった飛鳥法興寺の蹴鞠会の故事にちなんだものでとても優雅です。
「例大祭」が行われる11月17日は藤原鎌足の命日で舞楽が奉納されます。

観音講まつりが 6月1日(月)~7月31日(金)まであり期間中は社宝が特別公開されます。

鎌倉時代に作られた秘仏・談峯如意輪観音像を見る事もできます。
藤原鎌足の長男の定慧和尚が唐の国から持ち帰ったものを鎌倉時代に模して作ったものとされているんです。

足の甲に傷があって信者の身代わりでできたと伝えられていて、「足の観音さま」として信仰を集めています。

お盆には「献燈祭」が行われ、夕方から吊燈籠や石燈籠にいっせいに火がともされて祖先の霊をなぐさめる幻想的なお祭りが催されます。

談山神社 基本情報

奈良県桜井市多武峰319
TEL: 0744-49-0001

時間 8:30~16:30(最終受付)
   最終拝観 17時まで

拝観料 大人500円 小人250円 小学生未満は無料
    団体割引、障がい者割引有り

JR西日本関西ワンデイパス、近鉄KIPS PiTaPaカード、奈良交通花大和レール&バス乗車券などクーポンや会員証提示で割引有り

bow
「最後までお読みいただきありがとうございます」


パワースポット ブログランキングへ