金峯山寺蔵王堂

金峯山寺(きんぷせんじ)は奈良県吉野町にある金峰山修験本宗(修験道)の本山で、蔵王権現が祀られています。
役行者(えんのぎょうじゃ)によって開かれ吉野山のシンボル的存在である金峯山寺の国宝の本堂は、東大寺大仏殿につぐ大きさで高さ34メートルもあるんですよ。

「金峯山寺蔵王堂」の続きを読む…

奈良

東大寺

聖武天皇が建立したお寺でご本尊の「奈良の大仏」さん(盧舎那仏 るしゃなぶつ)が奈良のシンボル的な存在として有名です。

この東大寺は全国にある国分寺の中心的な存在で、1998年には古都奈良の文化財の一部としてユネスコより世界遺産に登録されました。

「東大寺」の続きを読む…

奈良

談山神社

奈良県桜井市多武峰にある神社で藤原鎌足公が祀られています。
桜と秋の約3000本のカエデの紅葉が美しいことでも有名。
あじさいも美しく見頃はだいたい6月中旬から7月中旬まで。

私たちは紅葉の季節に行ってきました。
450-da3
「談山神社」の続きを読む…

奈良

大神神社

奈良県桜井市に位置する大神神社(おおみわじんじゃ)は、創祀に関わる伝承が『古事記』や『日本書紀』の神話に記されているほど歴史が古く、日本最古の神社とも言われています。

そのため、たいへん人気の高いパワースポットでもあるんです。
45-m2
主祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)で、稲作豊穣、厄病除け、醸造、製薬、縁結びの神として信仰を集めています。

「三輪明神」「三輪神社」とも呼ばれているので、そちらの名前でご存知の方も多いよう。

「大神神社」の続きを読む…

奈良